『ティーハイボール』五反田で美味しいアレンジハイボールを!

ハイボールとは、ウイスキーをソーダで割ったもの。
シンプルでありながら美味しく、だからこそ飽きが来ず、そして食事にも合わせやすい。
飲み会でも人気があり、みなさんご存じ一般的な飲み物の1つだと思います。
飲んだことある人も多いと思いますが、ハイボールはジンジャーエールで割ったりコーラで割ったりしても美味しく、シンプルなものだけじゃないのが面白いところ。
シンプルなハイボール、ジンジャーハイボール、コーラハイボール、この3種類はいろんなお店でもメニューで見かけるので、定番中の定番ではないでしょうか。
しかし実は、ハイボールには他にもアレンジできる可能性がたくさん広がっていて、まだまだ開拓できるジャンルなのです。
バーレイビレッジではなんと17種類のアレンジハイボールがいつでも飲めます。
今回はその中の1つ「ティーハイボール」について。

ウイスキーが苦手という方でも飲めてしまう魔法のハイボール

焼酎の紅茶割りが美味しいのであれば、ウイスキーならどうだろうか。
その発想から生まれたティーハイボール。
しかし単純に「ウイスキー+紅茶+ソーダ」で作ると、どうしても紅茶の風味が薄くなりすぎてしまい美味しくありません。
他のアレンジハイボール同様にこちらも副材料を吟味して選び、そのバランスを意識しました。
しっかりと紅茶の風味を活きるようにし、ソーダによる清涼感、そして飲み口の良さ。
「少しやり過ぎたかなー」と思う点が1つだけあり、ウイスキー感を消し過ぎたなと。
ハイボールだからウイスキーが入ってるはずなのに、飲んでいてウイスキーなのかとてもわかりづらい。
下手したらウイスキー入れてないだろって思われる可能性もある。
そう個人的に思っていたのですが、嬉しいことに異なる反応が。
「実はウイスキーがあまり得意じゃないのだけれど、これは美味しい!」という感想を頂けたのです。
ハイボールだけれど、このようにウイスキーが苦手な人でも楽しめるハイボールがあってもいいじゃないか!
美味しいのであればそれでいいじゃないか!
そういう着地で誕生したティーハイボール。
ウイスキーが苦手な人もウイスキー初心者だって人も、だまされたと思って一度挑戦してみて頂きたい1杯です。

アレンジのポイントは?

ハイボールをアレンジする際にバーレイビレッジで気を付けているのは、味のバランス。
アレンジのメインとなる素材を活かすこと前提に、甘みや酸味を整えます。
ティーハイボールはもちろん「紅茶」の部分です。
今回の場合は、甘みや酸味を強く出す必要はありません。
紅茶自体の香りや温かみのある風味を大事にします。
ハイボールなのでウイスキーとソーダが絶対に必要で、単純に紅茶を合わせただけではどうしても紅茶の風味が薄くなるだけ。
そこで副材料を使用することで薄くなった部分を補います。
味のインパクトが強いものは避けたほうが良いですし、できるだけもともと紅茶と相性の良いものを使用するのがベター。
相性はとても大事で、ハイボールをアレンジする際にこれを意識することでかなり作りやすくなります。
お家でアレンジハイボールを試してみたい人はぜひご参考に!