「余市」簡単には手に入らない、世界に誇る日本のウイスキー③

日本のウイスキー「余市」の名前は知っていますか?
ウイスキーやハイボールを普段飲まない方にも比較的広く知られている銘柄の1つなのではないかと思っています。
「余市」は日本を代表するウイスキーの1つ。
名前の由来は北海道にある地名で、那須与一の「よいち」ではありません。
ファンも多く、たくさんの人に飲まれてきました。
しかし、今この余市は簡単には飲むことができなくなっています。
ウイスキーを扱っているお店へ買いに行ってみても、棚に並んでいるはずの余市が見当たりません。
お店にないのであれば通販で購入できるかなとネット検索をしてみてなんとか購入できそうだなーというレベルですが、お店で販売されている値段より高いような…。
なぜ、このように簡単には手に入らないウイスキーになってしまったのでしょうか。

ハイボールブームが引き起こした余市の品薄

以前のブログで紹介した山崎や白州と同じように、大きなきっかけの1つとして、ハイボールの人気上昇があります。
飲み会で居酒屋に行ったとき、ドリンクは何を飲みますか?
周りを見てみるとハイボールを注文する人がけっこーいるのではないでしょうか。
上司や先輩と同じものをという考えでなく、好きな物を飲めば良いという考えが広まりつつあり、頼むものも多種多様に。
今やハイボールは定番の1つといって過言はないでしょう。
なぜハイボールが選ばれるかという点で、健康志向でビールのプリン体を気にしてハイボールという方もいますし、そもそも今まで飲んでこなかったけど美味しいじゃないかと気付いた方も。
居酒屋でハイボールが安く飲めるお店が多いのもその理由の1つでしょう。
それにしてもこの人気上昇はとてつもない勢いでした。
これはサントリー角のCMが火付け役と言われています。
さらに朝ドラマで余市も深く関係のある「マッサン」が放映され、勢いが止まらぬ状態に。
この盛り上がりはウイスキー生産側の想定を越えていて、どんどん伸びる販売量に対して生産していたウイスキーの量が足りなくなるという状況に。
足りなくなったのであれば生産する量を増やすことで解決するじゃないか、と思いますよね?
しかしそこには大きな問題があります。
余市やサントリー角などなど、ウイスキーは生産するのに年数を必要とします。
「8年」とか「12年」とかウイスキーに年数が表示されているのを見たことはありませんか?
この年数は「樽に寝かせている年数」という意味で、ウイスキーを造る際には欠かせない期間。
全てのウイスキーが年数を表示している訳ではないのですが、たとえ表示していないものでも樽に寝かせている年数は存在しています。
この寝かせている年数が存在するために、ウイスキーの生産する量を増やしたとしてもすぐに販売することはできないし、もちろん飲むこともできないのです。
今後もハイボールの人気は続くのではないかと思いますが、何年か経ったのちにはまた気軽に余市を飲めるようになれば良いなと思います。

受賞を重ねる、海外でも人気の余市

余市の入手が難しくなったのは、ハイボールの人気上昇だけが理由ではありません。
そもそも余市は日本を代表するウイスキーの1つであり、人気は世界に広がっています。
ではどのようにして日本を代表する存在となったのか。
世界には様々なコンテストがあり、それはウイスキーの世界でも同様です。
そこで余市は受賞を重ねてきたのです。
日本には余市という美味しく素敵なウイスキーがある、と世界に知られると共に認められたのです。
そうなると、世界のウイスキーファンたちからも注目が集まります。
受賞したというその余市を手に入れたい飲んでみたいという衝動に駆られた方たちが増えるのです。
しかし国内ではすでにハイボールの人気上昇があり、それと共に海外からの注目も集まり需要が増加。
これら2つの影響はとても大きく、在庫不足へとつながっていきました。
また、このような状況になると、これらとは異なる現象も発生します。
「買えるうちに買っておこう」という購買意欲の発生。
不思議なものですが、買えなくなってしまうと思うと今まで以上に欲しくなるのは人間の性でしょうか。
これは日本人だけに限らない話で、海外から日本に来てお店で余市を見つけたらとにかく買っておく、という方もけっこーいたという話を聞きました。

ところで余市ってどんなウイスキーなの?

余市はニッカのウイスキー。
日本国内にウイスキーを製造するための蒸留所があり、その場所は北海道。
地名もそのまま余市という場所で、名前の由来はそこから。
札幌から小樽方面に向かったその先にあり、電車で行くことが可能ですし蒸留所も駅からすぐの場所にあります。
観光としても非常に人気があり、その一役を買ったのは朝ドラマの「マッサン」でしょう。
創業者の竹鶴政孝は日本ウイスキーの父とも言われる人物で、マッサンは竹鶴政孝のあだ名。
見学コースの中には「マッサン」のコーナーもあり、たくさんの人に楽しまれています。
また、「石炭直火蒸留」という今では世界でも珍しい製法を実施しているのですが、運が良いと石炭をシャベルですくって投入しているところを見ることができます。
蒸留所は1934年に完成。
しかし最初はリンゴジュースを生産していました。
ウイスキーを造るには樽に寝かせている年数が必要ですぐには販売ができない。
販売ができなければ収入がないということなので、それまでの施策だったそうです。
そのときの会社名は「大日本果汁(ダイニッポンカジュウ)」で、そこから「ニッカ」という名前が生まれました。
ウイスキー自体の生産もすぐに始まりましたが、「余市」そのものが生まれたのは1989年。
そこからの受賞歴は見事なものです。
日本に生まれ、ウイスキーに興味を持ったのであれば、外すことができない余市。
一度はぜひ飲んで頂きたいです。

五反田で余市は飲める?

ファンは多いにも関わらず、意外とお店では見かけない余市。
もちろんバーなどウイスキーを多種扱っているお店でなら基本的にあるはずです。
しかし五反田という街の単位では余市を飲めるお店がどの程度あるのでしょうか。
バーレイビレッジではなんとか仕入れさせてもらえています。
余市、シングルで900円。
チャージ代なども当店では頂いていないので安過ぎるとよく言われるのですが、これからウイスキーに興味を持っていろいろ飲んでみたいという方たちのためにも、気軽に入門できる値段で。
とはいえ、もし売り切れてしまったときはすいません。