ハートランドってどこの国のビール?

コンビニやスーパーのお酒ゾーン。
缶だったり瓶だったり、または小さめのものから大きめのものまで、本当にたくさんの種類が並んでいます。
特にビール類に関しては爆発的に種類が増えたと感じる人が多いのでは?
クラフトビール、海外ビール、発泡酒に第三のビール。
お財布と相談しつつ、お家でどれを飲もうかなーと悩んでしまうこともあるはず。
最近ではラベルが可愛いビールもあったりして、まさかのビールでジャケ買いなんてことをしてみたり。
味だけでなく見た目も楽しめるのが良いですよね。
そんな種類の多いビールの中に、緑色の瓶ビールを見たことがある人も多いでしょう。
茶色系の瓶が多いだけに、緑色の瓶は目立ちます。
何種類か有名なブランドがありますが、その中で「HEART LAND(ハートランド)」の文字に見覚えはないでしょうか?
オシャレな緑色の瓶で、文字が瓶自体に彫ってあるというスタイリッシュなビール。
実は最近発売されたビールではなく、昔から日本で販売されているビールなんです。
こんな見た目がオシャレなビールを昔から売ってるなんて、一体どこの国のビールなのか。
アメリカ?イギリス?それともドイツ?

実は「日本」のビールなんです。

やっぱり日本のビールは美味しい

「え、ハートランドって日本のビールなの!?」
この言葉を何度も聞いてきました。。
ハートランドという名前を知っている人でも多いのが、まさか日本のビールであり国産だとは思っていなかったというパターン。
確かに瓶を見てみると海外ビールだろうな、と思ってしまうのもわかります。
なんとなく日本の瓶ビールって「瓶は茶色」で「ラベルが渋い」というイメージがあります。
しかしハートランドはその逆。
なんならロゴも思いっきり海外っぽさがあり、某アパレルと系統が似てるという意見も。
(気になる方はロゴに注目。)
そんな見た目のハートランドが日本に生まれたのは、1986年。
昭和生まれというのがこれまたビックリ。
1986年といったらファミコンのドラゴンクエストⅠと同い年ですよ。
当時で考えたらこのデザインは斬新過ぎたのではないか、と思えます。
誕生から30年以上も経っているのに海外ビールだと思われるほどですから。
しかし根強いファンがたくさんいるのがこのハートランド。
もちろん味は抜群に美味しい!
やっぱり日本のビールは美味しいんです。
重たすぎず軽すぎず、飲み終わりはスッキリとしているのに味わいがしっかりと。
日本のビールらしく、食事とも相性が良いので晩酌にもピッタシです。
国産ビールの中での立ち位置としてはプレミアムビールのポジションで、麦芽100%で作られているという特徴があります。
さて、そんなビールであるハートランドは日本のどこで作られているのか。

なんと、キリンビールなんです!

キリン一番搾りやキリンラガーなど質の高いビールを作っている会社なので、味のクオリティは確かにすんなりと納得ができます。
しかしインパクトのある「麒麟」のロゴだったり、瓶ビールのラベルの渋さだったりと、すぐには結び付かないイメージがあります。
そしてもう一度言いますが、それを30年以上前に作っている。
恐るべし、キリンビール。
正直こんなに美味しいビールを知らない飲まないのはもったいないと思っています。
コンビニやスーパーどこでも必ず棚に並んでいるわけではないのですが、緑色の瓶を見つけたらぜひ試してみてください。
瓶ビールでも十分に美味しいので。

樽生ビールで飲めるお店は五反田にある?

そんなに美味しいと言うのであれば飲んでみよう、と思って頂けた方もいるでしょうか。
思って頂けた方にはもう一つ伝えたいことがあります。
国産のビールであれば、瓶ビールだけでなく樽生ビールもあるの?
という疑問。

もちろん、ハートランドの樽生ビールはあります!

とはいえ自分の体感に過ぎませんが、樽生のハートランドを飲めるお店はそんなに多くありません。
カフェやダイニングバーのようなお店で瓶ビールのハートランドを見かけることはありますが、樽生となると実はけっこー見つけるのが大変。
理由としてはおそらく「海外ビール」だと思われているからなのではないでしょうか。
食事との相性も良いのに非常にもったいないと、僕は思っています。
確実に飲めるお店で利用しやすいのが、チェーンのキリンシティ。
名前でお察しだとは思いますが、キリングループのお店なのでもちろんハートランドが置いてあり、美味しく飲むことができます。
とはいえ、もちろんですが店舗がどこにでもあるわけではない。
バーレイビレッジのある五反田周辺にはキリンシティがありません。
という訳で、ハートランドを樽生で飲めるお店の五反田代表のつもりでバーレイビレッジはいます。
いつでも美味しく飲めるようにしっかりと管理をし、樽生ハートランドビールの美味しさを体感して欲しいと。
ぜひお待ちしております。