ヒューガルデンはやっぱり樽生が美味い!

7月になりました。
暑い時期がしばらく続きます。
そんなシーズンにオススメしたいビールが「ヒューガルデンホワイト」です。
シンプルに「ヒューガルデン」と呼ばれることが多いビールですが、その名前は知ってましたか?
知らないのはもったいないくらい美味しいビールです。
なんならビールが苦手という人でも飲めてしまう、という話もあるくらいです。
どんなビールか気になってきましたよね。
それでは紹介していきましょう。

種類豊富なビール大国ベルギー出身のヒューガルデン

ヒューガルデンはベルギー生まれ。
ベルギーにはとても個性的なビールがたくさんあり、その数は1000種類を超えるそうです。
日本との人口の差を考えたらとてつもない数ですよね。
それだけの種類があるのもあって、ビール好きの中でもかなり人気が高くファンがたくさんいるのがベルギーのビール。
僕たち日本人にはイメージしづらいですが、修道院で造られるビールもあったりと本当に個性的なのです。
そんな個性的なベルギーのビールの中でヒューガルデンは1つの代表的存在。
日本でも人気が高く、瓶であれば酒屋やスーパーでも購入することができます。
もしかしたら見かけたことがあるかも。
白いラベルに「Hoegaarden」の文字を。
とはいえ読み方わからないと初見でヒューガルデンとは読めませんよね。
ほえがーでん。
ほえがるでん。
なんとも微妙な響きの読み方をしてしまう危険なトラップ。
ぜひ読み方だけでも覚えておいてください。
「ヒューガルデン」です。

五反田で樽生ヒューガルデン

さて、どんなビールかというとざっくりいえば白ビールです。
ベルジャンホワイトという分類をされますが、日本人にわかりやすいのは「白ビール」という表現。
そして白ビールとは言いますが、決して実際に液体の色が白い訳ではありません。
普段みなさんが飲んでいるビールよりも少し黄色が薄く、そして少し白濁した色味だと思ってください。
そんな色味のイメージに味わいも合っていて、スッキリ爽やかで優しい飲み口。
これこそが、ビールが苦手でも飲めてしまうという理由だと思います。
逆に、ビールは辛口でパンチがあってこそ!って方には相性が悪い気しますので、個人的にはあまりオススメできないなと感じます。
また、香りも特徴的。
ヒューガルデンは材料にオレンジピールやコリアンダーといったスパイス類も使用しています。
飲んで頂ければすぐにわかるかと思いますが、本当に華やかな香りが広がります。
特にこの香りはやっぱり樽生だからこそさらに活きてくるところがあります。
もちろん瓶でも美味しく飲めるヒューガルデンですが、ぜひ1度は樽生のヒューガルデンを試してみてください。
五反田で樽生のヒューガルデンを飲めるお店はそんなに多くありませんが、バーレイビレッジはその少ない中の1つです。
どうぞお待ちしております☆