初めてのウイスキー~酒屋に行ってみよう編~

ウイスキーを知りたい。
「勉強したい」という気持ちが強い方にオススメなのがこの酒屋に行ってボトルで購入する方法。
なによりも出費を抑えることができるのが最大の利点です。
ご自宅で購入したウイスキーを飲みながら、併せてウイスキーの本を読むとより印象が強く残るので試してみてください。

酒屋でウイスキー購入

さて、ではどこの酒屋で購入するか。
酒屋にも焼酎専門だったり日本酒専門だったり洋酒専門だったり、実は個性があります。
これは実際にチェックしてみるしかありません。
品揃えがどれくらいあるか、それと同時に値段も見ておくと良いでしょう。
酒屋によってウイスキーの値段って思ってる以上に異なります。
せっかくなので身近にある酒屋は一通りチェックしてみて損はないと思います。
都内に複数店舗あり、個人的に使いやすいなと思うのはこの2つ。
「信濃屋」
「イオンリカー」
どちらもウイスキーの品揃えはしっかりとありますし、また複数店舗あるのはとても使い勝手が良い。
かなりマニアックなウイスキーが欲しいと思ったら物足りない可能性もありますが、そこに辿り着くまでにはだいぶお世話になると思います。
ご自宅の近くにないか、ぜひチェックしてみてください。

酒屋以外でウイスキー購入

スーパーやコンビニを筆頭にですが、ウイスキーを購入できるお店は酒屋だけではありません。
品揃えや値段などはそのお店によっても大きく異なるとは思いますが、それでも身近にあれば大変便利。
「ドン・キホーテ」
「ビックカメラ」
あなどってはいけない品揃えであり、主要な駅に店舗があることが多いので使い勝手が良いです。
他のお買い物ついでにチェックすることもできるので、身近にあれば非常に助かるお店です。
また、インターネット上の通販でも購入は可能です。
ボトルを何本も買って持ち帰るのは重たくなるので、ある程度の量を購入する場合は通販も一つの手段です。
注意点は、送料も含めた値段がどの程度か。
物によっては不思議なほど割高になっていることもあります。
こればっかしは相場を知るしかないので、実際の店頭での値段をチェックしておくことをオススメします。

ウイスキー選びのポイント

「酒屋には来てみたものの、ウイスキーの種類がありすぎて選べないのだが。」
というのは最初のあるあるパターンです。
わからないものがたくさんあると訳がわからなくなりますよね。
「店員さんに聞いてみるにしても、そもそも何を聞けばいいのかわからない。」
これもあるあるパターン。
となると、選択肢は2つです。
・値段チェック&ジャケット買い!!
・少しだけ下調べしておく
前者はジャケット買いなのでもちろんリスクはありますが、こういう買い方するのも楽しいものです。
リスクがあるとはいえ、基本的には美味しいから流通していますのでご安心を。
最初からアルコール度数がやたら高いものを選んでしまったり、もともと個性が強い曲者を選んでしまったり、という意味でのリスクです。
後者でも最終的にはジャケット買いに近くなるとは思いますが、それでも絞ることはできます。
やはり自力で酒屋に行き購入する場合は、少しでも下調べをしておくのがオススメです。
とはいえ、ウイスキーを何種類も覚えるのは大変です。
ラベルに表示されていて知っておくと便利な情報だけピックアックしていきましょう。

アルコール度数

ボトルの裏側に親切な日本語でさまざまな情報が表示されていることもありますが、ないこともあります。
日本語表記がない、それは日本での流通量が他ウイスキーと比べて少ない、という意味であったりもしますので「日本語表示あり」を選ぶのが最初はオススメです。
アルコール度数は国によって表記の仕方が多少異なりますので、数種類だけ紹介していきます。
・アルコール分40度
・アルコール分40%
・40% Vol
・40% Alc
・80 proof
表記はそれぞれ異なりますが、全て同じアルコール度数です。
ウイスキーはアルコール度数が40%代のものが多く、50%を超えてくるとかなりパンチが増してきます。
初めてのときは40%に近いものを選ぶと飲みやすいかと思います。
ちなみに一番最後の「proof (プルーフ)」だけ特殊でして、例外も。
単位が国よって異なるのがまさにこのプルーフ。
上記はアメリカンプルーフの場合でして、数字を半分にした値がアルコール度数です。

ウイスキーの量

ウイスキーによってボトルの色や形が異なり、それぞれの個性があるのは見ていても楽しいものです。
そんなボトルの見た目だけではわかりづらいのですが、ウイスキーによって若干内容量が違うものもあります。
数十mlくらいの量ではありますが、気になる方はこちらもチェックしてみてください。
・内容量 700ml
・700ml
・700mle
・70cl
・70cl 700mle
表記はそれぞれ異なりますが、全て同じ容量のウイスキーが入っています。
あとは数字が異なることで容量も同じく異なります。
補足すると「cl」はセンチリットルという意味。

年数

年数表示はウイスキーによって異なります。
単純にそれを表示しているか、していないかという差です。
決して表示しているかどうかが質に関わる訳ではありません。
しかし表示されている年数に関しては長いほど値段としては高くなる傾向があります。
時間が経たなければ完成しない、またその間ずっと保管していることの大変さ、保管している間に蒸発して液量が減っていく、などが値段の上がる理由だったりします。
作るのに苦労するだけあって、年数を表示しているウイスキーはこの年数をしっかり目立たせてくるのでボトルを見ただけでもわかりやすいです。
・10年
・10 YEARS OLD
・AGED 10 YEARS
どれも「10年」という意味。

同じ種類のものを作っていても、やはり場所が異なれば内容も異なることが多いですよね。
ウイスキーも同じで、場所によって特徴があります。
「世界五大ウイスキー」という言葉があり、主なウイスキーの生産国として5つの国が代表とされています。
スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本。
もちろん同じ国の中でも特徴はウイスキーそれぞれでありますが、傾向だけでも知っておくと便利です。

スコットランド

「スコッチ」という呼び名を聞いたことがあるかと思います。
スコットランドのウイスキーをそう呼び、ボトルに「scotch」と書かれています。
日本で流通している種類が多いので飲んでいてとても面白いのですが、逆に言えば選ぶのが難しい。
中にはかなり強烈な個性を持ったウイスキーもあるので、そこだけ最初は上手く回避したほうが良いかと思います。
スコッチで有名な銘柄だと「バランタイン」「シーバスリーガル」「ジョニーウォーカー」などなど。

アイルランド

こちらは「アイリッシュ」と呼ばれたりしますが、その場合ウイスキーだけを指すわけではありません。
国の位置としてはスコットランドのすぐ近くではありますが、ウイスキーの特徴は異なります。
ボディはしっかりとしているのに口当たりが良く飲みやすい、それがこのアイリッシュウイスキー。
逆に物足りない、という感想を持つ方もいます。
アイリッシュで有名な銘柄だと「ジェムソン」が日本では一番かと。

アメリカ

「バーボン」とい
う呼び名を聞いたことがあるかと思います。
アメリカのウイスキー全てがバーボンというわけではありませんが、アメリカの中でも特に多いのがバーボンと呼ばれるウイスキー。
バーボンとは地名のことで、その地域で生産されたウイスキーでなければバーボンと呼ぶことができません。
力強くパンチのある味わいが特徴的なバーボン。
値段もリーズナブルなものが多いので、ウイスキー入門として使いやすいです。
僕はバーボンから始めました。
有名な銘柄だと「フォアローゼズ」「I.W.ハーパー」「ワイルドターキー」など。

カナダ

アメリカの真北にあるカナダですが、こちらも特徴は大きく異なります。
力強さやパンチがあるとは真逆の、とてもライトで飲みやすいのがカナダのウイスキー。
日本で流通している種類はあまり多くありませんので、品揃えの多いお店に行かない限りほぼ一択になるかと思います。
その有名な銘柄は「カナディアンクラブ」です。

日本

4ヵ国と比べると歴史は浅いのですが、日本もウイスキーの代表的な生産国に入っています。
スコットランドのウイスキー作りを参考にしたのもあり、全般的にスコッチに近い特徴があります。
水割りやハイボールのように何かで割って飲むスタイルが人気なのもあり、あまり銘柄を意識されていないこともまだ日本では多いのですが、それでも少しずつウイスキーに興味を持つ方が増えてきています。
有名な銘柄だと「角」「山崎」「白州」「余市」などなど。
値段がそれなりにしてしまうのですが、それでも日本らしい質の高さを感じさせてくれます。

4つのポイント

「アルコール度数」「ウイスキーの量」「年数」「国」
全部覚える必要はまったくありません。
これらの情報があるよーというのを知っているだけで、英語をある程度読めれば実際にボトルを見たときなんとなく意味がわかるはず。
これらがウイスキー選びのヒントになれば良いな、というものです。
もしそれでも困ったら、そんときはやっぱりジャケット買いです!