自宅で楽しむハイボールpart2

前回シンプルで楽に美味しく飲む方法を紹介させて頂きました。
僕も自宅で飲む分ならこの程度の意識で作ってます。
もっと工夫するなら、ウイスキーを選んでみたり、氷を選んでみたり、炭酸水を選んでみたり、グラスを選んでみたり、いろいろあります。
すでに項目が多くて面倒だなーと感じた人もいると思いますが、それで正解です。
面倒だから僕らがやるんです。
それも飲食店の仕事の1つ。
さて、調べるのも面倒だと思いますので、今回は「入手しやすく手頃な値段で買えるウイスキー選び」について僕なりのオススメを紹介させて頂こうかと思います。

ウイスキーを国で選ぶ

まず選ぶ際に好みを見つけたいのであれば、どこの国のウイスキーかを意識するとわかりやすいです。
前に「国で異なるウイスキー」のページでも紹介させて頂きましたが、世界5大ウイスキーというものがあります。
もちろん種類によって味は異なりますが、大まかな国による方向性はあるものでして、ざっくりと述べていきます。

・スコットランド
通称「スコッチ」で、バランスの取れたものが多い。種類も豊富で有名なバランタインや、ジョニーウォーカーやシーバスリーガルなど昔海外旅行のお土産で流行ったものもある。
・アイルランド
通称「アイリッシュ」で、マイルドな味わい。飲み口は優しいが味はしっかりとボディがあり、ウイスキー初心者でも飲みやすいものが多い。
・アメリカ
通称「バーボン」と呼ばれるものが多い。飲み口はパンチがある傾向が強く、味わいもボディがある。ある意味でウイスキー飲んでる感が一番あると思われる。
・カナダ
通称「カナディアン」で、ライトですっきり飲みやすい。日本で気軽に買えるものだと、カナディアンクラブが筆頭。他のものだとある程度品揃えのある酒屋に行く必要がある。
・日本
通称「ジャパニーズ」で、基本はスコッチのスタイルに近い。もちろん日本人の口に合うように造られているので、相性は間違いなく良い。

僕のオススメは「スコッチ」です。
飲み応えがありながらバランスが良いので飽きないし、気軽に入手できる種類も豊富なので選ぶ楽しさもある。
しかし、ここで問題が起きると思います。
いや、どのウイスキーがどこの国かわからないし、国がわかってもその中でどれを買えば良いんだ、と。
ある程度ウイスキーを飲んでる方で、ウイスキーの名前もわかる方であればヒントになりますが、初挑戦って人には難しいはず。
そうなると思うので、次に具体的なウイスキーの名前を。

オススメのウイスキー4種類

1.デュワーズホワイトラベル
スコッチの中でも比較的ライトな飲み口で、味わいも優しくハイボールにしても飲みやすい。
購入できる場所も多く、また値段も手頃なので最初の1本にオススメ。
食事にも合わせやすいし、飽きの来ないバランス感があることから、バーレイビレッジでもスタンダードはこのブランドを使用している。
2.ジョニーウォーカー黒
こちらもスコッチで「ジョニ黒」と呼ばれることが多い。
色で階級が分かれているウイスキーで、一番安いのは赤だがここはその一つ上である黒をオススメしたい。
しっかりとしたボディがありつつドライさもあり、これでハイボールを作れば間違いなく美味しい。
値段はデュワーズよりも上がってしまうが手の届く範囲であり、購入できる場所が多いのと年代が上の人とも話のネタになるのがポイント。
3.ジェムソン
種類を揃えている場所があまり多くないアイリッシュウイスキーの中でもトップクラスのシェア率で、アイリッシュ入門のウイスキーと言っても過言はない。
マイルドでしっかりとしたボディはハイボールにしても飲みやすく、ファンも多い。
値段は上記2つの中間くらいで、ジンジャエールやコーラ割りでも相性が良く、使い勝手の良さから家に常備しておくのもあり。
4.カナディアンクラブ
カナディアンウイスキーの代名詞でもあり、飲み口は非常にライト。
通称「CC」と呼ばれ、購入できる場所の多さと手頃な値段から定評がある。
おそらくこれらの中で一番安く購入できるはず。
安くて飲み口が良く入手しやすいという、あまりにも都合が良いのでつい飲み過ぎるというパターンが僕の中で多い。

あえてバーボンとジャパニーズは外しましたが、オススメではないという訳ではありません。
なんなら僕が勉強用として一番最初に飲んでいたウイスキーはバーボンです。
ただ今回は比較的にライトな飲み口で初めてでも挑戦しやすいものを中心にしました。
また購入のしやすさ、というのも非常に大事なこと。
挑戦しようにも購入できる場所が少ないのであればその機会は誰にでもあるものではありません。
そして値段の安さというのも最初の一歩を踏み出しやすいかという点で重要。
紹介したものよりも実際にはもっと安いウイスキーがありますが、ある程度の範囲で値段相応というのはあります。
気になる方はいずれ試してみてください。

ウイスキーはどこで買えるのか

最後に問題なのはおそらく、どこで購入できるのか。
一番楽なのはネットです。
様々なウイスキーがネット上で取引されていますし、自宅に届けてくれるのでこれ以上に楽なことはありません。
選べる種類の多さと自宅にいれば良いという楽さでいえば、間違いなくこの選択肢。
難点としては、その値段が安いとは限らないということ。
配送料がかかるパターンは多いですし、そもそもの値段が上乗せされていることも多々ありますので、その点だけは気を付けてください。
次に楽なのはコンビニ。
身近にあることが多い場所であり何かのついでに購入することもできるので非常に便利ですし、値段が上乗せされることもまずないので安心。
しかしながら品揃えがあまり豊富でないことが問題です。
選べるウイスキー自体は少ないので、上記の4種類でも置いてない可能性があります。
意外と便利なのはスーパー。
買い物のついでに購入できるのは非常に都合が良い。
そしてスーパーのサイズ次第なとこもありますが、思ってる以上に品揃えが良かったりします。
普段使いのウイスキーであれば十分でしょう。
値段もコンビニ同様に変な上乗せは基本的にないので安心です。
でもベストはやっぱり酒屋。
酒屋の中でもどのお酒に特化しているか、という問題はもちろんあります。
洋酒を多く取り扱っている店が近所にあればそれはラッキー。
品揃えは間違いなく良いし、店によっては値段がコンビニやスーパーよりも安い可能性があります。
家の近くに酒屋があればぜひチラッとのぞいてみてください。

ただし今現在だと状況も状況ですので、スーパーが一番でしょうか。
普段は缶ビールや缶チューハイのゾーンしか見ないかもしれませんが、良かったらぜひウイスキーゾーンにも足を運んでみてください。
そして買ってみてください、飲んでみてください。
自宅でだってハイボールは美味しいんですから。