生ビールが飲みたい

タイトルの通りです、生ビールが飲みたい。
家で缶ビールとか瓶ビールでも十分に美味しいんですが、やっぱり生ビールが飲みたいという感情が生まれてきます。
「缶も瓶も加熱処理してないなら生なんだぜー」みたいな定義ありますが、日本では「生ビール=樽から出すビール」のイメージが強いですし、まぁこれはこれで良いのではと思っています。
定義ばかり気にしてるとつまらないですからね。

なぜ生ビールは美味しいのか

飲食店で飲む生ビールが美味しい、というのも理由がいろいろあると思います。
まず、オーダーすれば出てくる、楽。
飲み終わったグラスを片付ける必要もないし、つまみも食べたいものを選べる。
楽して満足できるなんてこれ以上に美味い話はありません。
美味しいに決まってるんです。
次に、樽から出してるという特別感。
これも非常に大事な感覚だと思います。
「家ではビールを樽から出してます」なんて家庭ほぼないはず。
半畳くらいのスペースは必要としますし、かなりのビール好きじゃないと消費できません。
ビール好きにとっては自宅で生ビールのサーバーがあること、それは夢なのではないでしょうか。
飲食店だから味わえるものであること、この特殊性は満足につながり、美味しいと思える理由になると思います。
そして、何よりもしっかりと美味しく飲めるよう様々な管理がされていること。
これはビールの管理もそうですし、それらを注ぐグラスだったりもそうです。
ビールの管理でいうと、ビールの温度やガス圧(炭酸の含み具合)だったり、サーバー自体の洗浄だったり。
これらを怠ると、缶ビールや瓶ビールのほうが美味しくなります。
「ぬるい」「シュワシュワがない」「なんか臭う」と思ったら管理ができてません。
そんな経験、きっと誰もがあるのではないでしょうか。
僕自身もけっこー体験することがあります。
そう感じたら、その店では瓶ビールを頼むか、行かないようにしています。
たまたまサーバーの調子が悪かった、ということも実際にあります。
チェックしてても漏れる可能性はありえることです。
しかし、何回も同じお店でそれを体験したら、気を付けたほうが良いと僕は思ってます。
実際に、料理は美味しいけれどビールは美味しくない、というお店もあるので面白いものです。
また、グラスの管理というのも大事。
そりゃ美味しいものを注ぐ容器がダメなら結局はだいなしなのです。
ちゃんと洗えていなかったり、すすいだあとの水が残ってることが原因で臭いが発生していたり。
洗うことに関していえば、グラス用と食器用で洗うスポンジを分けるのも1つのポイント。
家庭で同じことをするのはなかなか大変ですが、これらを分けることでグラスに油が付着することを防いでいます。
グラスに付いた油はビールを美味しく飲むには余計なんです。
他には、冷蔵庫や冷凍庫で冷やすこと、これらも良いことだと思いますが気を付けないといけません。
同じ冷蔵庫に食材など入れてるとグラスにもその臭いが付きます。
洗ったグラスが乾く前に冷凍庫に入れると氷がやたらとグラスに付着していたりもします。
この様にグラスだけでも気を付けていることがたくさんあるのです。

泡のあと

こうやたらと管理することがあると「面倒だなー」と思いませんでしょうか。
そう、面倒なんです。
でもだからこそ、しっかりと管理できているお店で飲む生ビールというのは、美味しいのです。
昔新宿にあるビール専門のお店に友人と行ったことがあるのですが、そこで飲むビールは本当に美味しく2人揃っていろいろな種類の飲み比べをしていました。
飲んでいる最中、友人が「ここのビールは美味しい。飲んだグラスに泡のあとがキレイに付くのはしっかり管理している証拠って聞いたことがあるけど、まさにここはそうだね」と言ったことがあります。
実際にそれはそうで、その状態はベストと言えます。
常にこの状態を維持するのって実は大変。
でもそこの店主の返答は「当たり前なんですよ。こっちはそれが仕事なんですから、美味しく飲めるように準備するんです。だからあとは、キレイに泡が付くかどうかは、お客様次第。上手な飲み方をしているからキレイな泡のあとが付くんです」と。
なんてこった、めちゃくちゃカッコ良いじゃないか、と10年くらい前の僕に衝撃が走りました。
これ以来、同じことを自分でも言うことができるようにと、精進しています。

流したビール

さて、とはいえ今自粛もありまして、生ビールを飲める機会がほぼありません。
バーレイビレッジでも5月6日までランチタイムのみで夜の営業はしていないこともあり、先日残っている生ビールは全て流してしまいました。
もったいないとは非常に思いますが、夜の営業を復活したときに長時間置きっぱなしだった生ビールを提供する訳にはいきません。
きっとどこの飲食店も同じことだと思います。
それでもコロナ明けに、みんなが美味しい生ビールを飲めるように管理し続けること、それが今できることだと思っています。
待ち遠しいですね。