セントパトリックスデー

日本では大小含め様々なお祭りが各地で開催されますが、それはもちろん諸外国でもそうです。
5大ウイスキーの産地の1つであるアイルランドでは、大きなお祭りで「セントパトリックスデー」というものがあります。
こちらはアイルランドの祝日にもなるほどの大きなお祭りで、国全体で盛り上がります。
日本での認知度はまだまだではありますが、原宿でパレードが行われたり、アイルランド系のパブでお祝いをしていたり、徐々に規模が大きくなっているそうです。

さて、なぜアイルランドで祝日になるほどの日なのかといいますと、まずセントパトリックスデーというのは聖人パトリックさんの日という意味で、その聖人パトリックさんの命日であります。
何をした人かというと、アイルランドにキリスト教を広めた人なのです。
仮に日本でセントパトリックスデー日本版をやるとしたら、セントザビエルデーなんでしょうかね。
伝統的なものでもありますが、日本ではあまり感覚的にピンと来ない祝日だとは思います。
ヨーロッパならではの文化でありお祝い事なので、日本でもこのセントパトリックスデーが広まるにはまだまだ時間がかかりそうです。
とはいえ、このお祭り思いっきりキリスト教の祝い方をする訳でもありません。
国旗でも使用されていますがアイルランドのイメージカラーである「グリーン」のものをみんなで身に着けたり、シャムロックと呼ばれるアイルランドの国花である三つ葉のクローバーを身に着けたり。
気軽にお祭りに参加できてしまうのがこのセントパトリックスデーの良いところ。

日本の飲食店ではこの時期に、アイルランドのお酒がピックアップされてたりします。
日本でもかなり有名なざっくりいえば黒ビールの「ギネス」だったり、アイルランドを代表するウイスキーの「ジェムソン」や「ブッシュミルズ」だったり。
お店によってはグリーンビールという、緑色のビールが出てきたりもします。
見た目はビックリしますが、通常のピルスナーとそこまで味は変わらないのでご安心を。

正式な日付だとセントパトリックスデーは3月17日なので今年はもう終わってしまいましたし、最近流行りの病で開催できてない地域ばかりのようです。
楽しいイベントがどんどん中止になっているので、本当に早く治まって欲しいものです。