みかんのハイボール

果物で好きなものはありますか?僕はみかんです。
食べたことがない人ってあまりいないと思いますし、大体の人が好きそうなイメージはありますが、僕の場合は果物の中で抜けてみかんが好きです。
その理由というのも、小さい頃からずっと食べ続けてきた環境があったからです。

愛媛県の大三島。
瀬戸内海にある島で、しまなみ海道という広島県と愛媛県をつなぐ海道上にあります。
瀬戸内のジャンヌダルク「鶴姫」のお話だったり、独り相撲をするお祭りでも有名な「大山祇神社」があったりします。
そんなこと知りませんと今思った人はすぐに調べてください。
歴史好きなら興味持つ内容がいろいろとあったりします。
そんな島なので歴史アイドルとして活躍している「美甘子」さんの出身地であったりもします。

さて話が少しそれましたが、そんな島で僕の祖母が育ち、今も暮らしています。
なので小さい頃は毎年夏休みには大三島に2週間近く滞在しており、たくさんの思い出があります。
セミを捕まえたり、犬の散歩をしたり、セミを捕まえたり、セミをたくさん捕まえたり。
そう、たくさんの思い出が。
別にセミを捕まえるのが上手い訳でもないし、友達がいなかったとかそんなことでもなく、単純にセミを捕まえやすい環境にあるためにこういう思い出になりました。
その環境というのが、島にたくさんのみかんの木が生えていることです。
さすが愛媛県と思わざるを得ないくらいにそりゃもうたくさん生えています。
そんなみかんの木は小型であっても2m前後くらいの高さで、とても可愛らしいサイズ。
そしてそのサイズなので、子供でも手の届く範囲にセミがとまっているのです。
となると、乱獲ですよ、セミの。
毎年夏休みはセミの乱獲で、なんならレベルアップすると虫取り網なんて使わずに手で捕獲してました。
そんな大三島での夏休みの思い出。

話のメインがセミになりかけてますので、一度戻します。
夏休みが過ぎるとまた通常の暮らしに戻る訳でして、子供としては大三島との接点が減ります。
しかし冬の季節がやってくると毎年ダンボールが大三島から届きます。
それを開ければ大量のみかん。
毎日のように家族揃ってみかんを食べるんです。
そんなペースで食べるのですぐにみかんも減っていくのですが、届くダンボールは1箱じゃありません。
祖母が育てたものもあれば、親戚が育てたもの、また近隣の方が育てたものもあったりとして、何箱も届くのです。
また冬の中でも微妙に時期が異なる種類のみかんもあったりするので、3カ月くらいはみかんを食べ続けることができるのです。
そんだけ食べてても、美味しいので飽きないんですよね。
飽きるどころか今も変わらずみかんが好き。
むしろ柑橘類はだいたい好きだったりします。

主題に戻りますが、個人的な好きもあり現在の「季節のフルーツハイボール」は「みかんのハイボール」でございます。
レギュラーサイズは1個まるごと使用していたりと贅沢感も。
ハイボールとしてはやや甘めの仕上がりかと思いますが、みかんの甘さなので変な残り方はしません。
もうあまり時期は長くありませんので、ご興味がありましたらぜひ今のうちに☆