飲み屋に行くとメニューで必ずと言ってもいいほど目にする○○○

飲み屋に行くとメニューで必ずと言ってもいいほど目にするハイボール。
実際にハイボールばかり飲む人も多いのではないでしょうか。
シンプルな味なので何杯飲んでも飽きないし、料理の邪魔もしません。
また値段も比較的リーズナブルなことが多い。
僕もハイボールを飲むことが多く、その魅力に心を奪われた1人です。
ところで「ハイボールとは一体なんでしょう?」という定義的なもの。
ざっくり言ってしまえば、日本では「ウィスキーのソーダ割り」と思ってもらえれば大丈夫です。
細かいことは仕事している側が知ってれば良いので、お客様はざっくりで大丈夫なのです!
そんな中でときどき「あそこのハイボールは好きだけど、あっちのは好きじゃない」という声を聞くことがあります。
それは店によって「ウィスキー」と「ソーダ」の部分が異なるからです。
ソーダというと炭酸水のことです。
炭酸水といってもその炭酸の部分と水の部分がありますが、おそらく炭酸の効き具合が飲んでいて一番気になるかと思います。
炭酸の強い弱い、これはハイボールの生命線でもあり、この相性が合わないと美味しいと感じにくくなります。
バーレイビレッジではサーバーから抽出する強炭酸を使用していますので、飲んでる途中でも「ソーダ感が薄いなー」とは感じにくいようになっています。
普段からハイボールの爽快感が足りないなと感じる方はぜひ、バーレイビレッジのスタンダードハイボールを試してみてください